老後のシンプルリノベーションと住み換え|

NAT IDEAS
質問

老後のシンプルリノベーションは住み換えよりもお得?

定年を迎えて、子供たちもすでに家を出て独立していて、お陰様で私も妻も昔からお酒やタバコとは無縁だったので健康には自信があって、このままの生活を続けていればきっと長生きできると思います。
しかし、40年近く前に購入したマンションの部屋はかなり老朽化していて、ここに夫婦であと20〜30年暮らすのは難しいと思い、定年前から住み換えを考えていました。
物件探しをしている中で、最近では古いマンションをリノベーションする若者が多くなっていると聞いて、最初はリノベーションというものをきちんと理解できていなくて、私たちには関係ない話だと思っていたのですが、物件探しをお願いしていた不動産会社にリノベーションについて聞いてみると、シンプルリノベーションを得意としている会社があって、そこを紹介することもできると言われて、いろいろ話を聞きたいと思っています。
ズバリ、シンプルリノベーションは住み換えよりもお得ですか?
他にもリノベーションのメリットがあれば教えてください。
回答

リノベーションの方がコストを抑えることができます

老朽化したマンションの1室は、売却価格も安くなることが予想されますし、一般的に住み換えよりもリノベーションの方がコストを抑えることができます。
リフォームとは違い、間取りから自由にコーディネートできて、シンプルリノベーションによって、さらにコストを削減できます。

このページの先頭に戻る