リフォームに自然素材を用いるメリットとは|横浜の自然素材リフォームならお任せ下さい。

NAT IDEAS
faq

Q

リフォームに自然素材を用いるメリットとは

質問 横浜の実家のリフォームをするにあたり、主人といろいろ揉めています。
私はどちらかというと無機質で、イメージとしては全体を白い塗り壁にして階段などの手摺りなどもメタリックな感じにしたいと思っています。
それに対して主人は自然素材をふんだんに採り入れて、木のぬくもりを感じられる家にしたいと言っています。
私も部分的に自然素材を使用することには反対でないないのですが、木材を使い過ぎるとどうしてもどんどん古びた感じになっていくと思うのが私の美意識に反してしまい、主人の意見にはほとんど賛同できません。
リフォームに自然素材を用いるメリットはどんなことですか?

矢印

A

新素材は老朽化しやすいとされています

自然素材は劣化スピードが速いと思っている方が多いようですが、実は新建材などに使用されている新素材ほど、使えば使うほど老朽化はしやすく、新品のときよりも見た目も悪くなりやすいとされています。
それに比べて自然素材は、使い込むほど味が出てきます。天然木は呼吸しているため、湿気や熱などの季節の変化に合わせ、伸びたり縮んだりしているのです。
また、自然素材をリフォームに選択することで、シックハウスに悩まされることもなくなります。
最近では少なくなりましたが、新素材には有害な物質が含まれていることがあり、それが微量でもアレルギーのある方は敏感に反応してしまうこともあります。

このページの先頭に戻る